鳥栖遠征:大阪(伊丹)⇔福岡の飛行機ANA 767-300(76P)

鳥栖遠征:767-300で伊丹から福岡に飛びました

セレッソ大阪の応援で鳥栖に行くのに、伊丹空港からANA(全日空)の767-300(76P)で福岡経由で行ってきました。

※親サイトの鳥栖遠征の関連記事はコチラ

リーグ再開後未勝利のセレッソ、何度も鳥栖ゴールを脅かすも得点を奪えず、ミス絡みの失点に泣き敗戦 公式戦12連戦の真っ只中で、中2日・中3日の連戦をメンバーを変更しながら戦ってきているセレッソ大阪ですが、ワールドカップ中断期間再開後の5試合で2分3敗と、未だ勝利を挙げれていません。 第20節の対戦相手は、中断期間にF・ト...
サガン鳥栖のホームスタジアム:ベストアメニティスタジアムのスタジアムガイド ぼちぼちと書いているアウェイ観戦したスタジアムのスタジアムガイドですが、今回は直近に行った、サガン鳥栖のホーム、ベストアメニティスタジアム(通称:ベアスタ)について書いていきたいと思います。 アクセス面・座席からの見え方(屋根も含めて)・スタジ...

ANA:767-300

福岡空港に到着した時点の写真です。

かなり青空が広がっていて気持ちいい天気でした

機内・シートなど

ANAの座席配置図はコチラ

普通席の座席です

前のシートの背中にある荷物入れ・テーブルなどです

前の席の背中の下の方にネットの小物入れがあります。足元がすっきりしてしますので、足を伸ばしやすいです。

シートの背中を少し上から撮ってみました、座ったときに膝がくるあたりの空間が広めになっているのがわかります。

国内線なので、画面は壁についています。

通路から前方を撮ってみました

テーブルを開いた状態ではこんな感じです。シートの厚みを工夫して減らしているのがわかります。

ちなみに上の飲み物はスープをいただいてますw

天井の荷物入れのスペースはこんな感じです。

プレミアムクラスの座席

プレミアムクラスの座席はこんな感じでゆったり広めになっています。

前の席との間隔もこんなに広めでゆったりです。

大阪・福岡間は飛行距離(時間)が短めですが、少し長い時間乗るのであれば、プレミアムクラスでゆったり乗るのもいいですね。